エポスカード

エポスゴールドカードにデメリットはあるのか?

エポスゴールドカードは使いこなすと何気に素晴らしいカードだったりします。

通常では年会費が「5000円/年」です。
しかし、「インビテーション」や「年間50万円以上の利用を1度でもクリア」すると年会費無料になります。

券面が変更になってからデザインも好評です。

そんな、エポスゴールドカードには何かデメリットはあるのか?

今回は、エポスゴールドカードについて解説したいと思います。

エポスゴールドカードにデメリットはあるのか?

今回はエポスノーマルカードエポスゴールドカードを比較したいと思います。

  • 年会費
  • ポイント還元率や期限
  • 保険など

エポスゴールドカードとノーマルの比較

  エポスノーマルカード エポスゴールドカード
年会費 無料
  1. インビテーションからの発行なら無料
  2. 年50万円以上の利用で翌年以降無料
  3. 上記以外では年会費5000円
ポイント還元率 0.5% 1.5%(年間ボーナスポイント最大時)
ポイントの有効期限 2年間 無期限
海外旅行傷害保険 最大500万円 最大1000万円

エポスゴールドカードのデメリット

エポスゴールドカードのデメリットは「年会費」と「ポイント還元率」だと思います。
しかし、条件をクリアできる方なら最大限の恩恵があるのがエポスゴールドカードです。

エポスゴールドカードに年会費を払うこと。
年間50万円以上の利用を1度もクリアできず、毎年「年会費」を支払う方は、デメリットが大きいカードになると思います。
毎年100万円以上の利用をしない方。
エポスゴールドカードは年間ボーナスポイントを最大限受け取るとポイント還元率が大きくなります。
しかし、年間100万円未満の利用ではデメリットになる可能性があります。

エポスゴールドカードのデメリットをメリットにする

上記の通り、「エポスカードを使う・使わない」でデメリットにもメリットにもなります。

では、どのようにしたらいいのか解説します。
参考にしてみてください。

エポスゴールドカードで固定費払いをする

エポスゴールドカードは年間で100万円まで使用するようにします。
逆に100万円以上を使ってもメリットは変わらないからです。

100万円/12ヶ月=83333円/毎月

  • 家賃
  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • 食費
  • 通信費
  • サブスクリプションなどの毎月引き落とし

家賃をクレジットカードで支払える場合は簡単にクリアできると思います。

エポスゴールドカードで投資をする

資金に余裕があるかた向けです。
エポスゴールドカードで投資信託へ積立てができます。

ちなみに、つみき証券とエポスカードは親会社が同じ丸井グループです。

限度額の「毎月5万円」を積み立てると、年60万円になります。
目標の100万円の内、60万円は投資で使えるので、残り40万円を使えば達成できます。

残り40万円は毎月33333円決済すると達成できます。

まとめ:エポスゴールドカードにデメリットはあるのか?

エポスゴールドカードはデメリットもありますが、使いこなせるとメリットが大きいです。

まとめると次の通りです。

  • 年間100万円以上の決済ができる方はエポスゴールドカードが良い
  • 年間100万円未満の決済の方は楽天カードの方が良い

エポスゴールドカードは年間100万円以上を決済できる方であれば最大限の恩恵があるカードです。
逆にそうでなければ、デメリットが多いカードに感じてしまうかもしれません。